女性に多く見られる骨粗鬆症は腰痛にもつながる

骨粗鬆症は女性に多く見られる骨の密度が少なくなってしまう病気で、名前はよく知られていますが腰痛につながってしまうことを知っている方は少ないです。
50代頃から徐々に骨密度が少なくなって、腰痛や背中の痛みを感じるようになり慢性化してしまうケースもあります。
しかし、比較的その深刻さを理解している方は少なくて、骨は硬いものでそう簡単には折れることはないと考えているようです。
ただ、それは骨が正常な状態にある時の話で、カルシウム分の減少で骨の量が減って骨密度もなくなると骨がスカスカの状態になってしまうのです。

また、骨粗鬆症の怖いところは自覚症状がないということで、いくら骨がスカスカになってもろくなっていても気づかないのです。
そして、よろめいて転倒した時に手をついて簡単に骨折してしまってから初めて自分の骨がもろくなっているのに気づく人も多いのです。
血圧であれば気になる人は日頃から測定するので分かりますが、骨密度を日頃から測定している人はまずいないので、自分の骨がもろくなっていることに気づかないにも仕方のないことです。

このように骨がもろくなることで骨折しやすくなるのですが、高齢者の場合になら脊柱を構成する組織の変性で体を支えることが困難になって、脊柱の一部が潰れてしまい骨折してしまうこともあります。
これが俗に言われている「いつの間にか骨折」で、潰れた骨によって変形が生じ猫背の姿勢になってしまい背中の筋力も落ちてしまいます。
こうして起きた圧迫骨折により腰や背中に急激な痛みがでることもあって、圧迫骨折の状態や場所によってはお尻の方にまで痛みが広がってしまうこともあります。
また、骨折をすることは骨が元の形から変形するので、脊柱を支える周囲の筋肉が緊張し硬くなってしまいます。
このことも慢性的な腰痛や背中痛につながる要因になるので、骨に負担のかからないような生活を心がけることが大切です。
ちなみに、圧迫骨折の激しい痛みは2~3週間程度で治まりますが、腰痛や背中の痛みについては慢性化してしまう可能性があります。

50代以降の女性に多くみられる理由は、骨密度以外にも閉経を迎えることによりホルモンが減少することも影響していると考えられています。
また骨量を増やすことが大切な若い頃にスタイルを気にしたり、生活習慣の乱れなどから食事が乱れてしまったり、運動不足になりがちだったりすることがなどが手伝って起こることも考えられます。
食事制限をするような無理なダイエットは、骨を生成するのに必要な栄養素が不足してしまい骨を支える筋肉の量も減少してしまいます。
また、濃い味の食事で塩分を摂取し過ぎると、塩分と共にカルシウムまでも体外に排出されてしまいます。
若いからと好きなものを好きなだけ食べて運動をしないでいると、やがて中高年になってから腰痛を引き起こす骨粗鬆症で苦しむことにもなるのです。
そのことを認識して生活習慣や食生活を見直してみることも大切なことです。

黒川郡大和町 富谷市 骨粗鬆症なら、「まやま整骨院」にお任せ下さい。

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


黒川郡大和町 富谷「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備