腰部脊柱管狭窄症について様々なことを知っておく

腰の痛みを引き起こす腰部脊柱管狭窄症について様々なことを知っておくと役立ちます。
まず脊柱管とは何なのかというと、背骨を構成する椎骨の椎体と椎弓の間にある空間が積み重なってできる背骨に囲まれた管状の空間のことです。
そして、その脊柱管の中には硬膜という神経が入っているふくろがあって、それらの神経を守る役割が脊柱管にはあります。
また、神経は体の各部へ脊柱管の中で枝分かれして伸びているのです。

なぜ発症するのかというと、脊柱管を取り囲む椎体や椎弓の変性など脊柱管を構成する組織が変形することで脊柱管が狭くなるためです。
では、なぜ脊柱管が狭くなるのかというと、先天性の場合もありますが背骨に加齢に伴う変化が起こることが脊柱管の狭窄の起こる原因として考えられています。
つまり、老化現象のひとつとして考えられるもので、加齢により多かれ少なかれ脊柱管は狭くなってしまうものなのです。

どんな症状が起こるのかというと、腰痛や腰の周りが重かったり、違和感・はり感・足のしびれ・足の痛みがあったりします。
また、普段は症状がないのに歩き出すと足がしびれて歩けなかったり、歩きにくくなるけど休むとまた歩けるようになる間欠跛行と言った症状も起こったりします。
症状は主に太ももからふくらはぎ・足の裏などに起こることが多く、両側に出るケースや片側だけに出るケースなど様々です。
そして症状が悪化すると歩行時に尿意を催すなどの排尿障害が起こることがありますし、便秘や会陰部に灼熱感などの異常が起こることもあります。
椎間板ヘルニアなどの他の腰痛との違いは何なのかというと、椎間板ヘルニアは比較的若い人に起こりやすく前にかがむと腰の痛みが起こりますが、脊柱管狭窄は高齢者に多く見られヘルニアと逆に前にかがむと痛みが緩和されます。

では、腰部脊柱管狭窄症を悪化させないためには、どのような点に日常生活で注意すれば良いのかというと、なるべく前かがみなど楽な姿勢をとるように心がけることです。
その為には、少し前かがみの状態に腰を保つフレクションブレースというコルセットを装着すると良いですし、杖を使用したりシルバーカーを使ったりすることもひとつの方法です。
また、立ち仕事をする場合には片足を踏み台などに載せると神経の圧迫が軽くなるので良いです。
逆に重い物を持ち上げたり、腰を曲げてひねったり、同じ姿勢を長時間続けることは、腰に大きな負担をかけるのでよくありませんし、喫煙は血液循環を悪くして症状を悪化させることにつながります。

それから、整形外科系の腰痛なのか、また内科系や婦人科系の病気はないかなど、病院での診断を受けた上で整体や整骨院などの治療を受けるのなら問題はありませんし、それにより症状の緩和につながります。
ですから、病院での治療と整体や整骨院などの治療院でうける施術を併用させるのもひとつの方法として考えられます。
必要に応じて治療院での施術と併用することを担当医に相談してみるのも良いです。

 

黒川郡大和町 富谷市 腰部脊柱管狭窄症なら、「まやま整骨院」にお任せ下さい。

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


黒川郡大和町 富谷「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備