腰痛は適切な治療を受けて痛みのない生活を

腰痛というのは、あくまでも腰周辺に起こる症状のことであって病名はありません。
病気ではありませんが腰の痛みに悩まされている方も数多くいるので、なぜ腰の痛みが起こるのか、どのような原因で起こるのかなどを知っておくと役立ちます。
また、どのような予防を心がけると良いのかなどを知っておくことも大切なことです。

なぜ人間に腰の痛みが起こるのかというと、4本足の動物から進化して2本足による直立歩行をするようになったためで人間の宿命と考えることもできます。
2本足で地面に対して垂直に立つことで、背骨は重たい頭や胴体など上半身にかかる重力を支える必要があって、立っているだけでも腰に負担がかかるのです。
また、前屈の姿勢をとったり、重い物を持ったりする時にはさらに大きな負担がかかることになって、これらにより背骨が悲鳴を上げた状態が腰の痛みなのです。
それから昔と比較して現代は、車の運転やデスクワークなどで座った姿勢をとることが多く、歩く時間が減少していることも腰の痛みの原因になっているとも言われているのです。

背骨は、7個の頚椎・12個の胸椎・5個の腰椎という椎骨が24個積み重なっていて、それを連結するクッションの役割を椎間板が果たしています。
そして、自然なS字カーブを描いた構造で仙骨と尾骨と言った骨盤につながっていて、腰は5個の腰椎部分になります。
腰は文字からも分かるように体の要となる重要な部分で、座る・立つ・歩くなど様々な行動の起点として動きます。
その為、椎骨をつなぐ椎間板や椎間関節の変性・椎骨の変形・周辺の筋肉が傷つくことなどが起こる可能性が高く、それにより腰の痛みを引き起こすのです。

また、腰の痛みをもたらす疾患もあって、主なものとしては腰部脊柱管狭窄症・急性腰椎症(ぎっくり腰)・腰椎椎間板ヘルニア・変形性脊椎症などがあります。
その他にも、骨粗鬆症による圧迫骨折、細菌感染による炎症、腫瘍の転移、腎臓などの内臓疾患や婦人科疾患、ストレスなどが原因で引き起こすこともあります。

疾患による腰痛以外で悩んでいる方は、何といっても日常生活で姿勢に気を付けるべきです。
立つ・歩く・座る・かがむ・持ち上げるなど、日常動作に気を付けるかどうかで、腰の痛みを予防できるか逆に悪化させるか変わってくるのです。
また、腰に痛みがあるからといって動かないでいると腰を支える筋肉量が減少して、益々症状を悪化させることも考えられます。
治療と並行して、無理のない範囲で症状に合わせた運動を続けていくことも必要です。
運動の基本は腹筋と背筋の維持と筋肉の柔軟性を養うことで、症状を引き起こさない質のいい筋肉をつけることが大事なポイントになります。

それから様々な情報が氾濫していて必ずしも正しい情報が届けられているとは限らないので、大事なことは正しく診断してもらって適切な治療を受けることです。
それは病院であっても整体など治療院であっても共通して言えることです。
黒川郡大和町 富谷市 腰痛なら、「まやま整骨院」にお任せ下さい。

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


黒川郡大和町 富谷「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備