筋筋膜性腰痛は筋肉疲労が蓄積されることで起きる腰の痛み

筋筋膜性腰痛症というのは、腸腰筋・臀筋・腰方形筋など腰の筋肉に対して、無理な力が作用する・過剰に伸展させられる・筋肉の疲労が蓄積されることなどにより起きる腰の痛みです。
症状は急性の痛みと慢性的な痛みがあって、急性の痛みは損傷した筋肉に熱感や発赤などの兆候が起こり急激な痛みで動くことができなくなる場合があります。
慢性的な痛みは腰を動かしても激しい痛みを感じることはないのですが、腰の周辺が重痛い・重だるい感じが抜けないといった症状が起こります。
ただし、慢性的な症状が続いていくと最終的に急性腰痛になるので、早い段階で対処しておくと良いです。

発症する主な原因としては、急性の痛みの場合はゴルフや野球のスイング、重い荷物を持ち上げる時など無理な負担が腰にかかることが多いです。
また慢性的な痛みの場合は、疲労が腰や臀部に蓄積され体が歪むことで、血液やリンパ液などの流れが悪くなることで腰痛になります。
つまり、通常なら回復できる疲労を回復できない状態が続き蓄積され、血液などの循環が滞ることにより筋肉が緊張を起こし痛みとなって現れるのです。

一概には言えませんが、筋筋膜性腰痛症を発症しやすい方としては、もともと慢性的に腰痛がある方、日常的に激しいスポーツや運動をしている方などが考えられます。
また、首や肩に慢性的なこりがある方、ギックリ腰になった経験がある方、慢性的に疲れている方なども起こりやすいので注意が必要です。

予防方法としては、主な原因が筋肉の疲労蓄積なので疲労を回復できる環境をつくってあげることです。
例えば、深呼吸をして体に酸素を取り込む・ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かる・腰やお腹をカイロなどで温めるなどです。
また、運動不足にならないように15分程度のウォーキングをするというのも予防方法になります。
ただし、無理な運動をし過ぎると疲労が溜まるだけなので、無理のない範囲で軽い運動を心がけることです。
このような簡単な方法を日常生活の中に取り入れることで予防につながります。

しかし注意したいことは、急激な痛みにしても慢性的な痛みにしても、内臓など腰以外に原因があることにより発症することも考えられることです。
その為、まずは病院を受診して検査を受けることが大事で、レントゲンなどの検査と共に、内科的な検査を行うことで、現状が把握でき的確に対処をすることができます。
整形外科的な原因なら整形外科で治療を受けると良いですし、内科的な原因で発症しているのなら内科で治療を受けると良いです。

ただ、それらの検査や診察を受けても、骨には問題がない・原因が分からない・精神的なものかもしれませんと言われた場合には、整体や整体院での治療を考えてみるのもひとつの方法です。
整体や整骨院での施術・治療は、体のバランスを整えると共に自然治癒力の働ける環境を作ってくれます。
この自然治癒力が働ける環境を整えることで、痛みなどの不調を根本から取り除いて筋筋膜性腰痛症の改善も期待できるのです。

黒川郡大和町 富谷市 筋筋膜性腰痛なら、「まやま整骨院」にお任せ下さい。

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


黒川郡大和町 富谷「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備