慢性腰痛にならないように早めの対処を

慢性腰痛とは、大きな痛みではないが腰に鈍く重苦しい痛みや体の奥に響くような痛みが3ヶ月以上続くものと定義されています。
また、何をきっかけにして、いつから痛み始めたのかわからなく気がついたら腰痛になっていて、しかも違和感や不快感がいつまでも続くと言った特徴があります。
それから、最初から鈍い痛みが生じるケースもあれば、激しい痛みが起こる急性腰痛をこじらせて移行するケースもあります。

どのようなケースで発症するのかというと、原因が明らかなものと原因がはっきりしないものに分けられます。
原因が明らかなものとしては、腰椎や椎間板が衰えることにより形や質が変化して、それらの組織に炎症が起きたり、周囲組織を刺激したりすることで痛みがおこる腰椎の障害があります。
主な腰椎の障害としては、椎間板症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎分離症やすべり症・変形性腰椎症・脊椎側弯症・骨粗しょう症などです。
もうひとつは腰の骨に細菌感染し発症する病気や骨にできる腫瘍など腰椎の病気です。
主な腰椎の病気としては、化膿性脊椎炎・脊椎カリエス・脊髄腫瘍・脊椎腫瘍などがあります。

原因がはっきりとわからないものとしては、腰椎に異常があると思われるものです。
原因の詳細は不明だが神経のどこかに障害が起きることで神経性の痛みが起こる坐骨神経痛、神経意外の筋肉や骨に障害があると考えられる腰痛症があります。
また、ストレス・不安・鬱などの心理・社会的要因が関与していることも考えられ、このように心の問題が関わっている腰痛を心因性腰痛症と言います。
それから腰痛全体の約1%ですが内臓の病気によりに痛みが生じることもあって、腰の痛みの他に発熱・嘔吐・排尿排便障害などの内科的症状が伴います。

腰の痛みを慢性化させて慢性腰痛になる要因として考えられることは、腰の負担をかける生活環境があります。
腰に負担をかけることで腰椎を構成する筋肉・骨・椎間板・関節・靭帯・神経などが損傷して腰痛を発生させますが、通常なら痛みが発生すれば腰をいたわり安静にして早期回復させます。
しかし、様々な事情で適切な対処ができなくいつまでも腰に負荷をかけ続けていると、いつまでも腰の損傷は治らず症状は悪化して治るのに時間がかるようになるのです。

加齢も慢性化させる要因のひとつですが、自然な老化現象なので高齢者ほど慢性的な腰痛になりやすいのは仕方がないことです。
しかし年のせいと諦めるのではなくて、適度な運動・バランスのとれた食生活など規則正しい生活を心がけることで、老化を遅らせ慢性化することを回避することは十分可能です。
それから過度の安静も慢性化させる要因で、腰が痛いからといって過度の安静で過保護にすることは、逆に回復を遅らせたり症状を悪化させたりすることにつながります。
腰に激しい痛みがある場合は安静が必要ですが、ある程度痛みが緩和してきたら無理のない範囲で通常の日常生活を過ごす方が良いのです。
あと腰に何らかの痛みや違和感・不快感がある時には、病院や治療院で早めに適切な治療を受けることも慢性腰痛の回避につながります。

黒川郡大和町 富谷市 慢性腰痛なら、「まやま整骨院」にお任せ下さい。

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


黒川郡大和町 富谷「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備