変形性脊椎症は中年以降に起こる老化現象のひとつですが

24個の椎骨が積み重なって背骨は構成されていて、その椎骨が作る関節の働きで背中や腰を自由に曲げることが可能になるのです。
また、そのように関節が自由に動くことができるのは、なめらかで弾力性のある軟骨により関節表面が覆われているからです。
しかし加齢により軟骨はすり減って硬くなっていき関節が正常にかみ合わなくなり痛みが生じてしまうのです。

またクッションの役割を担い椎骨をつないでいる椎間板も加齢で弾力性がなくなってきて、椎間板に接している椎体の角部分に力が加わることでトゲのような突起ができてしまいます。
そして、それが神経を刺激したり圧迫したりすることにより痛みが発生するのです。
発生する場所によって痛みを感じる場所が違い、頸髄の場合は手足の痺れ・ボタンをかけるなどの軽作業が困難・痙攣して歩きにくいなどの症状が起こります。
腰椎の場合は主に腰痛ですが、それ以外にも下肢のしびれや足に力が入らなくなることもあります。
これらが変形性脊椎症の症状で中年以降に起こる老化現象のひとつと言えますし、脊椎管狭窄や椎間板ヘルニアなどを一緒に引き起こすとさらに症状は悪化します。

主な原因として考えられることは先に触れたように老化ですが、それまでの過度の運動負担も大きく関係していると言えます。
重労働や激しいスポーツを若い頃に行ってきた人が40歳以降に、頸椎や腰椎に発症するケースが多いです。
また、高齢者には症状の程度は異なりますが、ほとんどの人に症状が見られるので、加齢に伴う生理的な変形とも考えられます。
30歳代を過ぎて過度の負担が脊椎にかかり始めると、椎管関節の変形により関節腔が狭くなってしまいますし、椎間板も弾力性がなくなって狭くなり変性するので注意が必要です。

変形性脊椎症は加齢に伴う症状なので治療は、薬物療法・温熱療法・腰痛予防の体操などで腹筋や背筋などを強くすると言った保存療法が行われます。
ただ、保存療法でも症状が改善されない状況では、手術療法が実施されることもあります。
多少の痛みがあるからと言って安静にし過ぎるのも症状を悪化させてしまうので、無理のない範囲で体を動かし体を軟らかくするように心がけると良いです。
ウォーキングや水中ウォーキングなどが良いですし、お風呂に入った後にストレッチをして柔軟性を高めると筋肉の緊張やこわばりが解消します。
ただし、無理な姿勢や動作は避けることが大事です。
それからコルセットなどを巻いて腰への負担を少なくする方法もあるのですが、それに頼り過ぎると筋肉が弱くなってしまうので、使用する場合には最小限に抑える必要があります。

それから、整体や整骨院で専門家による施術を受けるのも症状の緩和につながります。
また、施術を受けると共にセルフケアの方法や日常生活における行動などについてアドバイスを受けると良いです。
老化現象だから仕方がないと諦めるのではなくて、様々な方法で日常生活が快適に過ごせるよう対策をしていくことが大切です。

 

黒川郡大和町 富谷市 変形性脊椎症なら、「まやま整骨院」にお任せ下さい。

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


黒川郡大和町 富谷「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備