腰痛の原因として注目される仙腸関節炎とは?

腰から上の重さを支える骨盤の仙腸関節に発生する炎症の仙腸関節炎は、近年腰痛の原因として注目されるようになってきています。
発症する主な原因としては、姿勢の歪みによる仙腸関節のズレで起こる場合と、出産による骨盤の歪みや外部の圧力によるズレなどが考えられています。
ただ、病院でのレントゲン・CT・MRIなどの画像診断では発見が困難で見落とされがちです。
しかし、症状が悪化して重くなると寝たきりになるなど、重篤化する可能性もある怖い病気のひとつです。

自覚症状はヘルニアなど他の腰痛と似ていて、長時間椅子に座っていると痛みが発生する、仰向けに寝ることができない、寝起きに一番痛みが強くて歩行を始めたりすると多少治まるなどです。
また、症状は一般的に仙腸関節を中心とした痛みなのですが、腰・臀部・足の付け根・下肢などにも痛みを生じることがあって、ヘルニアなど他の腰痛と似ているのです。
このようにヘルニアや脊柱管狭窄症などでみられる神経性の痛みと似ているために診断がどうしても難しくなりますし、ヘルニアやぎっくり腰などが引き金となって発症することもあります。
その為に、ヘルニアの手術をしたのに腰痛などの症状が改善しないことや、原因不明の腰痛で長年苦しむと言ったこともあります。
そのような場合は、仙腸関節炎を疑ってみる必要もあると言えます。

整形外科など病院ではどのような治療法を行うのかというと、骨盤のゴムベルトを装着して骨盤の歪みを強制する装具療法や、患部の痛みが強い場合にはブロック注射などをします。
基本的には、このような保存療法で症状の改善を図るのですが、保存療法で改善が見込めない場合には手術を行うこともあります。
手術としては仙腸関節を固定する仙腸関節固定術が主に行われて、それにより症状の改善を可能にします。

ただ、手術しても治らなかったヘルニアが整体で治療したことで治ったと言った話は実際に存在します。
これは、先に触れたように腰痛の原因が実際にはヘルニアではなくて、仙腸関節のズレで炎症が生じていたことが原因だったと考えられます。
その為、整体で仙腸関節のズレが改善されることで腰痛が治ったと考えることも可能なのです。

整体や整骨院に行くと腰痛の原因は骨盤にあって、骨盤の歪みを矯正して股関節を柔らかくすれば解消されますと言われることも少なくありません。
西洋医学的根拠がないのであくまで仮説として考えるしかありませんが、否定できることではないと言えます。
そのことを考慮すると整形外科など病院で治療を受けるのも良いですが、整体や整骨院で施術を受けることもおすすめと言えます。
また、病院の治療と治療院での治療を併用するのも良いかも知れません。

今後様々な研究が進めば整体が良いのか、整形外科が良いのかの論争はなくなると考えられますが、現段階では自身に適した治療を検討する必要があります。
ただ、腰痛を引き起こす原因には様々なことが考えられるので、まずは病院を受診して改善されない場合には整体で治療するのが良いかも知れません。

黒川郡大和町 富谷市 仙腸関節炎なら、「まやま整骨院」にお任せ下さい。

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


黒川郡大和町 富谷「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備