分離と変性で起こるすべり症の原因や対策について

腰は5個の腰椎によって構成されていて、横から見ると多少弓のようにカーブしています。
この腰椎でクッションの役割をする椎間板関節が壊れたり椎間板に異常が発生したりするなどで、本来の腰のカーブを支えられなくなって、腰椎が前か後ろにズレることを腰椎すべり症と言います。
主に第4腰椎に多くみられますし、前にズレる前方すべりが多いと言われています。

ただ一口にすべり症と言っても、分離症から二次的に発症する「分離」、骨の変性で発症する「変性」、生まれつき椎弓部の発育が不全で発症する「形成不全」、外傷などで発症する「外傷性」、悪性膿腫や感染などの骨破壊によって発症する「病的」の5種類があります。
しかし、ほとんどは分離と変性が多いので、この2つを中心に原因や対策について紹介します。

主な原因として考えられていることは、骨折や捻挫などの外傷・椎間板機能の低下・姿勢の悪さ・骨密度の低下など骨の変性や変形です。
また、肥満・運動不足・片寄った食生活などによる筋力の低下、姿勢の悪さや激しい運動・仕事での負担による筋肉への負担の筋肉疲労も原因として考えられます。
主な症状としては、長時間立っていたり同じ姿勢を長時間続けていたりすると鈍く重い痛みが腰に出ることがありますし、後ろに腰を反らすと痛みが強くなります。
それから、体を前に倒すと腰からお尻にツッパリ感が出たり、片側または両側の足に痛み・しびれが起こったりする場合もあります。
少し歩くと足がしびれるなどが起こり歩けなくなって、少し休むとまた歩けると言った間欠性跛行も症状のひとつとしてあります。
症状が悪化すると両下肢の脱力感・会陰部のしびれや熱感・残尿感や頻尿などの膀胱直腸障害・男性では歩行時の陰茎勃起なども起こる可能性があります。

対策としては、手で触った時に熱い感じがある場合には、患部を冷やした方が良いです。
ただし、それ以外の状態ではカイロを貼ったり、お風呂にゆっくり入ったりして温め血流を良くしてあげる方が症状の改善につながります。
背中を反らし過ぎるとすべっている腰椎がさらに前の方へ力が加わるので注意が必要で、猫背にならない程度に背中を少し伸ばします。
その時のポイントとしては、背筋を伸ばすのではなくてお腹がつぶれないように少し力を入れて姿勢をキープするようにすることです。
ウォーキングなど軽い運動をすることは良いのですが、足の痺れがある時はすべっている腰椎が神経を圧迫しているので、できるだけ運動は避けた方が良いです。

それから整体や整骨院で施術を受けることも対策になります。
手術以外にはすべった骨を元の位置に戻すことは不可能と言われていますが、整体や整骨院で一般的な腰痛の施術をすることにより症状の緩和になります。
また、足の痺れがすべり症によるものではなくて背骨や骨盤の歪みが原因という場合もあります。
しかし、整体や整骨院では全身を対象として施術をするので、そのような場合でも症状の改善につながる施術を受けることができるのです。

黒川郡大和町 富谷市 すべり症なら、「まやま整骨院」にお任せ下さい。

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


黒川郡大和町 富谷「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備