ぎっくり腰になってしまった時にはどうすれば良いのか?

何の前触れもなくいきなり起こる衝撃と共に腰に強烈な激痛が走るのが、俗に言われている「ぎっくり腰」です。
突然発症するので何が原因なのか分からないとか、原因があるのかと疑問に感じる方も少なくありません。
しかし確かに原因がありますし、その原因は人の数だけあると考えられているのです。
ただ人の数だけ原因があると言われていますが、主に考えられる原因としては、筋肉疲労・骨格の歪み・いきなりの過負荷の3つがあります。
また、これらが根本的な原因になっているのではなくて、これらを含めて様々な要因が絡みあい結果として起こってしまうものなのです。

突然起こる症状ですが単にいきなり表れるだけのことで、その原因はゆっくりと進行しているものなのです。
それが慢性的な筋肉疲労で、少しずつ溜め込んで負荷の許容量を超えてしまうと、日常の同じ動作であってもある瞬間に起こってしまうのです。
本来、筋肉疲労を回復するメカニズムを持っているのですが、睡眠不足・栄養バランスの乱れ・運動不足などを続けることで徐々に蓄積されて行くのです。

2つ目の原因として、日常生活の姿勢や行動により起こる骨格の歪みがあります。
これは、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事など、長い時間限られた姿勢をしていることで、体の柔軟性が失われると共に同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。
それにより筋力のアンバランスが生じて骨格の歪みを招いてその周囲の筋肉への負荷に変化が起こり徐々に筋肉疲労が蓄積されてしまうのです。
3つ目のいきなりの過負荷は、若い人やスポーツ選手に多くみられる原因で、静止している状態からいきなり動いたり、動きを急激に切り替えたりすることで腰にいきなりの過負荷がかかり起こってしまうのです。
その他にも、体重・筋肉のバランス・生活習慣・生活環境・体質なども原因として考えられることです。

では、急にぎっくり腰になってしまった時にはどうすれば良いのか対処法を知っておくと役立ちます。
まず知っておいてほしいことは、捻挫や肉離れと同じようなものと考えて対処するのが良いということです。
そうすると温めてはダメで冷やすことが良いというのが理解できますし、お風呂もやめておくのが無難というのが分かります。
それからストレッチや揉んだりすることも絶対に避けるべきで、とにかく自分が一番楽な姿勢で痛みがある程度治まるのを待つと良いです。

ある程度痛みが治まった段階でさらしやゴムベルトなどを使用して締めると早く治ります。
また、テーピングができる方がそばにいる場合には、その人にお願いして処置をしてもらうと良いです。
これらは、あくまでも緊急の対処法で、一番確実な対処法は専門家に診てもらうことで、身動きができるようになったら病院や整体などの治療院で治療してもらうと良いです。
ただし、無理に動くと炎症が悪化してしまう可能性があります。
大体は1日我慢するか重症でも2~3日我慢すれば身動きすることができるので、その時点で病院や治療院に行くようにすることです。

黒川郡大和町 富谷市 ぎっくり腰なら、「まやま整骨院」にお任せ下さい。

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


黒川郡大和町 富谷「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備