不眠症などの睡眠障害の症状は顎のゆがみとは無関係ではありません。
顎のゆがみによって、顎周辺から首や肩、背中へと筋肉の緊張が強くなることで、交感神経が優勢になります。
交感神経が優勢になることで、交感神経から副交感神経の切り替わりがスムーズに行われなくなり、
寝付きが悪くなるケースも考えられます。
そして深い眠りにつけない、
朝起きた時に体の疲れがとれていないというような睡眠障害に陥ると、
毎日の生活を生き生きと元気に過ごすことができなくなってしまいます。
この睡眠障害の原因の一つに、夜間の歯ぎしりや噛みしめが挙げられます。
顎に強い力がかかることで、その力が脳にも緊張を与えてしまいます。
そのためのが完全に休まることができなくなってしまいます。
これにより十分な睡眠が得られないことにつながります。
本来であれば睡眠中には血流が良くなっています。
そして自然治癒力も高まりますが、この働きも損なわれてしまいます。
適度な歯ぎしりであれば、脳のストレス解消にも効果があるといわれていますが、
顎に痛みを生じさせるほどの強い歯ぎしりや噛みしめをしていると、やはり噛み合わせにも問題が出てくるでしょう。
さらに急性の顎の痛みやゆがみなどの違和感も、睡眠障害を引き起こすことになります。
痛みが強いと、寝ている間も痛みが気になり、そして顎の違和感も気になり、落ち着いて眠れなくなってしまうでしょう。
このような顎の歪みを解消する手段の一つとして、AKA療法が挙げられます。
顎の歪みが発生する原因としては、各運動器官の痛みや機能性障害と関連があるといわれています。
AKA療法とは、聞いたことがない人も多いかもしれませんが、
関節面の動きを改善することによって、痛みやしびれに対して解決に導く技法だと言われています。
AKA療法は独自の無痛整体であり、熟練したごく少数の施術者のみが行えるものです。
顎の歪みに対しては顎の緩めることを目的に、AKA療法の中で仙腸関節の調整が行われます。
仙腸関節とは骨盤のところにある関節を指します。
骨盤は近年でもメディアに取り上げられ、
よく耳にするようになってきたため、多くの人が知っている場所と言えるでしょう。
仙腸関節の仙骨は、骨盤の中心に位置する逆三角形の骨です。男性と女性では形状は若干異なります。
仙腸関節の調整を行うといっても、ごくわずかなもので、決して大掛かりな施術ではありません。
仙腸関節も強靱な靭帯により守られているからです。
AKA療法で行われる仙腸関節の調整により、
顎の歪みまで変化を及ぼすことはあまり信じられないかもしれません。
しかし全身の症状が顎に影響を及ぼすことも大いに考えられるので、これはありえない話ではありません。
顎の歪みは日常生活に大きく影響してくるといわれているので、一度全身の総点検を考えてみるのもよいでしょう。
宮城県 富谷市 黒川郡 顎が原因の寝つきが悪さなら AKA療法の「まやま整骨院」

※お客様の声に関しましては個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


富谷市 黒川郡 不定愁訴 自律神経と顎関節の整体「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備