起立性調節障害というのは子供に起きやすい病気で

小学生高学年から高校生ぐらいの年齢の間に発症する事が多いとされていて、

自律神経失調症の一種としても分類されています。

 

自律神経の働きが弱くなる事が発症の大きな原因で、

それにより血液の調整がうまくいかなくなったり、

交感神経と副交感神経のバランスが悪くなる事で症状が出てくるようになります。

 

主な症状としては

朝起きられなくなったり、

立ちくらみや貧血、

やる気が出ない、

倦怠感といった症状があげられます。

また少し動くだけで息切れしたりするのも症状の一つに挙げられます。

 

朝起きられなくなるといった症状が出てきますので、

周りから見ると一見やる気がないのかと勘違いされがちですが、

原因のある病気であり、決してやる気の問題ではありません。

そこを親や家族がしっかり理解してあげて下さい。
治療法は様々で非薬物療法の場合はストレスにならない範囲で

規則正しい生活リズムをすすめていく形の治療となり、

また散歩などの軽い運動を日常生活に取り入れたり、なるべく姿勢を正しくするといった事をすることになります。

 

非薬物療法の場合薬を使いませんので薬物療法に比べると時間はかかりますが、

継続的に非薬物療法を続けていく事で朝起きられるようになったり立ちくらみや倦怠感といった症状が改善されていき、

元の生活に戻れるようになります。

 

薬物療法の場合は起立性調節障害の特に問題となっている症状に対して

薬を投与していくという形で治療をしていくものとなりますが、

子供がおこしやすい病気という事もあり起立性調節障害を薬物療法で治す事はおすすめしません。

 

起立性調節障害に対して有効とされている治療の一つが、

整体で頭蓋骨・背骨・骨盤の歪みを整えて脳脊髄液の循環を活性化させてから自律神経の正しい切り替えを促すための施術を受ける事です。

また自律神経失調症は噛み合わせの悪さから首の一番上の骨がズレて背骨のゆがみから自律神経の通りが阻害され、血行不良に繋がりそこから自律神経失調症が発症する事があります。

噛み合わせ専門の歯科医で微妙な噛み合わせを調整してもらう事も自律神経失調症の一種である起立性調節障害の改善に繋がります。

起立性調節障害の治療というのは薬物療法も整体も噛み合わせによる治療というのもそれなりに時間を要しますが、

整体や噛み合わせの治療が合う人、

薬のほうが合う人、

いろいろです。

どちらも全部試したらいいと思います。

やってみないとどれが効くかもわかりません。

なんだかんだで家族の理解が一番です。

ですが、

整体で頭蓋骨・背骨・骨盤の歪みを改善したり、噛み合わせ専門の歯科医で微妙な噛み合わせを調整する事が、

起立性調節障害の治療には必要な場合が多いです。

根本的な治療をして改善したいと考えるのでしたら整体や噛み合わせによる治療をおすすめします。

必要におおじて信頼できる噛み合わせ専門の歯科医のご紹介もしています。

 

宮城県・富谷市 整体と噛み合わせと起立性調節障害「まやま整骨院」にご相談下さい。


※お客様の声に関しましては個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


富谷市 黒川郡 不定愁訴 自律神経と顎関節の整体「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3311 宮城県富谷市富谷堂の前4-1
【 電話番号 】 022-703-0922
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 駐車場3台完備