子供の睡眠負債「小児慢性疲労症候群」と整体

 

成長期の子供にとってしっかりと睡眠を取ることは非常に大切なことですが、

子供の睡眠負債として小児慢性疲労症候群という病気があることをご存知でしょうか。

この病気は小児に限らず成人でも慢性疲労症候群として発症することがあるとされていますが、小児や未成年などの場合には小児慢性疲労症候群と呼ばれます。

実際にはどのような症状が起こるのかというと、
特に病気がちではない健康な小児にも表れるとされており、
しっかり睡眠を取っていても疲労感や倦怠感、頭痛やのどの痛みなどの症状が出始めます。
通常、朝早く起きて学校に行くという生活のリズムをうまくとることができなくなり、
朝起きれない睡眠リズムの乱れが生じるようになると学校を休みがちに、
それに影響して睡眠時間が十分に取れなくなることから脳機能が低下することによる自律神経の異常や、
呼吸や代謝などの身体活動の乱れも生じるようになります。
さらに深刻になると通常の生活リズムで日常を送れないようになることから学校生活を普通に過ごすことが出来なくなり、最悪の場合には普通に生きていくことさえままならなくなることもあるとされているのです。
実は、自律神経と小児慢性疲労症候群は深い関係性があるとされています。
たとえば、学校なので学級委員や生徒会長などの責任のある仕事に就いた場合など、
学校生活において自分の持っている能力以上のことをしなければならないなど大きなストレスがかかっているときに発症することが多いとされています。
小児の場合、症状があってもそれをうまく親や医師に伝えることが出来ずに発見が遅れることもありますが、
小児の場合には成人で発症した場合と比べると比較的回復する確率が高いというデータも出ているようです。
小児慢性疲労症候群は整体で改善することも可能な場合もあります。
そもそも、小児慢性疲労症候群の場合ストレスや過度の緊張によって自律神経に影響が出ることで発症することもあるため、骨格などを矯正して体の歪みを改善する整体を受けることによって自律神経の乱れを正し、結果的に小児慢性疲労症候群の改善へと導いていくのです。
ただ、一般的に接骨院・整体院で整体を行うと痛みを生じることもあり、
小児の場合にはそれがネックとなりなかなか行きたがらないこともあるとも言えます。
しかし、まやま整骨院では体に無理な負担がかかることなく無痛で優しい整体を受けることができます。
医療機関で行ってもなかなか改善しない場合などは整体も一つの選択肢と言えるでしょう。
成長期の子供にとって、毎日健康に過ごすことはとても大事なことです。
自分の子供が体の不調によって学校に行けなくなることのないようにするためにも、
普段から子供の健康や様々な症状に注意して、もし小児慢性疲労症候群の症状があった場合には早めに保護者が気づいて対処してあげるのが望ましいと言えるでしょう。
子供の睡眠負債「小児慢性疲労症候群」は「まやま整骨院」にご相談下さい。

※お客様の声に関しましては個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


お電話の際、「限定特典を見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

初回ホームページ特典

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

事前予約をお願いいたします

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


富谷市 黒川郡 不定愁訴 自律神経と顎関節の整体「まやま整骨院」

【 住 所 】 〒981-3621 宮城県黒川郡大和町吉岡字館下38-2
【 電話番号 】 022-343-1841
【 営業時間 】 9時~20時(土曜は17:00まで、日曜祝日休み)
【 定休日 】 日曜祝日
【 駐車場 】 無料駐車場8台完備